肩甲骨周りを鍛えて、目指せ、背中美人!!!

  • 2014年2月12日
  • 2019年9月29日
  • yoga
  • 87View
  • 0件

こんにちは。

静岡県三島市、沼津市そして裾野市で活動中のミナクヨガのミナクです。

昨夜のレッスンでのこと、、、

「ヨガを始めてから、肩こりが治ったんです!!!」

という、とっても嬉しいお言葉を頂きました!!

この方、、、ヨガを始めて1ヶ月半でしょうか。それまでは、毎週のように整体に通われていたそうですが、肩こりだけでなく、身体がとっても軽く動くようになったそうなのです!!!

素晴らしい!!身体って、本当に素直で、ちゃんとご主人様と向き合い、学習していくんですアップ

寒い時期、いつも以上に肩こりがひどくなる時期でもあります。

今日は、そんな肩こりさんにおススメの肩回り、特に肩甲骨を意識した動きをご紹介していきましょう合格

肩回りや肩甲骨周り・・・ここって意外や意外ビックリマーク女性を美しくするためには欠かせない美のポイントでもあるのです!
僧帽筋という首から背中にかけての大きな筋肉ををほぐしていくと血行の促進と代謝アップにつながるとともに、肩や首のコリも改善できると、一石二鳥音譜

肩甲骨、、、背中にある、”天使の羽”。または、、、”手羽先”の部分。この肩甲骨周りについた贅肉を落としていくと、肩から首のデコルテラインや背中のラインをスッキリと美しく、そして、これから薄着になっていくと目立つ二の腕、ブラからのはみ出るお肉の解消へ・・・と、嬉しい効果が目白押しなのです。

結婚前のお嬢様には、特に鍛えて欲しい部分でもあるのです!!!

何故ならば、、、結婚式。ウェディングドレスを着た時に一番お客様に見えている部分はどこだと思いますか?

そう、、、背中なんですよ!!

今の流行のドレス。ほとんどが背中の大きく開いたドレスなんです。なので、ドレス選びの際には、後姿が美しいドレスを選ぶのがポイントだと言われています。

後姿の素敵なドレス。そして、美しい背中と肩甲骨・・・完璧な花嫁さんの出来上がりですクラッカー

またまた、、、私の下手な棒人形の登場ですが、、、お付き合いくださいませメラメラ

1 座位になって、両腕を肩の高さで横に伸ばします。
両肘を肩と直角になるように曲げ、手のひらを前に向けます。
息を吐きながら、両肘を起点に手のひらを下に下していきます。
このとき、ひじの高さは、できるだけ肩の高さに保ちましょう。
息を吸って手のひらを上→吐いて下を繰り返します。
肩の力は抜いて、意識は二の腕です。

2 座位で、手のひらを下にした状態で、頭の上で手を組みます。
上体をまっすぐに保ったまま、組んだ手を頭を中心にして大きく回していきます。
左右、前後に大きく円を描いていきます。肩回り、肩甲骨周りに意識を向けて回していきましょう。

3 頭の後ろで、両手で両肘を抱えます。両肘を抱えたまま、左の肘を中央に→右の肘を中央にと繰り返してストレッチしていきます。

左ひじを中央に寄せたところで、左の手のひらを背中に落とします。右手を後ろから回して、両手の指先がタッチ。右手も同じようにやってみましょう。
この時、手が届かない時には、
タオルの両端を両手で持って、届かない部分の補強として使っていきましょう。慣れてくると、だんだんタオルを握る距離が短くなっていきます。

いかがですか?

春もすぐそこ。肩甲骨周りを鍛えて、背中美人を目指していきましょう!!

ミナクのブログ-連絡先