産後のママさん!大腰筋を鍛えましょう!

  • 2015年4月19日
  • yoga
  • 99View
  • 0件

こんにちは!

静岡県三島市、沼津市そして裾野市で活動中のミナクヨガのミナクです。

隔週金曜日に裾野市民文化センターで、子連れOKのママさんヨガ教室を行っています。

裾野在住の方だけでなく、三島市や御殿場市、そして、函南町や長泉町等からも足を運んでくださって頂いています。

そんなママさん達から良く聞くお話。

出産後、腰痛に悩まされているというお話です。

妊娠中、お腹の赤ちゃんの成長に合わせて、お母さんの骨盤は広がって、大きなお腹に赤ちゃんの入るスペースを作ろうとします。

そして、骨盤を柔らかくして、出産の際に赤ちゃんが通り易いように産道を広げるように工夫されています。

なので、、、妊娠中から腰痛に悩まされる妊婦さんも多いのですが、一番腰痛の症状が出てくるのは、産後なのです。

出産後。広がった骨盤は自然に元に戻ろうとするのですが、この骨盤を戻そうと身体が動きだす頃、タイミングとして出産後のお母さんは、子育てのため動き回らなければならない。

そして、生まれたてで3キロ近くある赤ちゃんを片手に抱きかかえ、おむつやらなんやらと沢山ある赤ちゃんグッズを片手に持つという肉体労働を強いられる。

愛情を注ぐ行動だとはいえ、妊娠前には、重たい物等持ったことの無いママさん達にとっては、これは、かなり過酷な肉体労働だと思います。

出産後、腰痛に悩まされるというママさん達の話を聞いていつも私の頭の中に浮かぶのは、、、

あるテレビCM。

歯槽膿漏や歯肉炎のCMで、歯茎をりんごに見立てたCM。ありますよね!あれなんです。

妊娠前からしっかりと運動をして、筋肉をつけている方であれば問題ないのでしょうが、、、結婚、出産を迎える年齢の方々って、、、一番スタイルを気になさっている時期でもあり、筋肉隆々に鍛えて!って言う方は少ないと思います。

そして、妊娠。骨盤が広がって、出産。

骨盤の中に入っていた赤ちゃんが生まれると、、、

広がった骨盤があのCMのりんご状態になっていると想像してください。

そして、りんごに刺さっている歯が、脊柱です。

脊柱を支えている筋肉、大腰筋が弱いと、、、腰痛になってしまうのが、当然と言えば、当然の流れなのであります。

出産後、骨盤が自然と戻ってくるタイミングを狙って、骨盤矯正、そして大腰筋を鍛えていくことで、毎日の子育てと言う肉体労働から腰、そして身体を守っていく!

それが、産後のママさん達に必要なのです!

しかも時間のないママさん達に負担にならない程度の時間で続けていくことの出来る動きをご紹介していきます。

1立った状態で、右膝を曲げて、床と直角まで上げる。左右繰り返す。

身体で足を迎えにいくのではなく、足の筋肉を使って持ち上げる。

これは、椅子に座った状態で、太ももの高さまで膝を持ち上げるのでもOKです。
座った状態の方が、腰への負担は小さくなります。

2仰向けで寝る。膝を曲げて、

膝下が床と平行になるように持ち上げる。
股関節と膝、膝と足首がそれぞれ直角となるように。
手を組んで頭を乗せて、吐く息、
頭を持ち上げておへそを覗き込む。
吸って、頭を下ろす。
これは、腹筋と大腰筋を鍛えることが出来ますが、
頭を沢山上げようとすると、逆に腰を痛めることに繋がりますので、
頭を高く上げようとせずに、おへそを覗き込むだけで十分です。

3尻歩き!これは、ミナクヨガでもよく行っていますが、
両足を前に投げ出して、座ります。そこから、骨盤から押されて足が前に出るイメージで、片足ずつ匍匐前進をしていきます。
ヨガマットの端から端まで歩いて、帰りは後ろに進みながら戻ってきます。

以上、とにかく無理せずに続けてみてください。

真面目なママさん程、頑張り過ぎてオーバーヒート、やり過ぎてしまう傾向があります。

無理せず、自分のカラダを相談しながら、楽しみながら続けてくださいね!

この動きは、全ての女性の骨盤矯正にも効果的です!

特に一ヶ月に一度の生理の際には、骨盤が開いて柔らかくなっている時期なので、そのタイミングで骨盤矯正!効果的です。

是非、おためし下さいませ~

橋

これも、骨盤矯正にはGoodです!

ただし、、、腰痛のあるかたは、無理せずに~


$ミナクのブログ-連絡先


ダウンランキング参加しています。ぽちっとして下さると、とっても嬉しいです~ラブラブ

 
 
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ
—–