アンチエイジングヨガが目指すところ

  • 2014年1月9日
  • 2019年9月28日
  • yoga
  • 60View
  • 0件

こんにちは。

静岡県三島市、沼津市そして裾野市で活動中のミナクヨガのミナクです。

ミナクヨガでは、”アンチエイジングヨガ”を掲げて、ヨガレッスンを行っています。

では、アンチエイジングとは???

年をとることによっておこる老化の原因を抑制することによって、老化を予防したり、老化を改善すること。

抗老化医学とも言われ、一般診療科目全部、運動生理学、栄養学、東洋医学、美容外科、美容皮膚科、エステ、アロマ、ハーブ、補助栄養学、代替補完医学、音楽芸術など多岐にわたり、医学・及び周辺科学をも含む究極の集学的医学人間の本来の姿、本来の寿命、至適な状態に心身ともに持ってゆく事を目的とする医学のこと。~Wikipediaより~

アンチエイジングと言うと、とかくお肌や美容に関する言葉のように聞こえてしまいますが、あらゆる分野のノウハウを駆使し、その人の身体、寿命を心身ともにその人の最適な状態に持っていくことを目的としたものなんですね。

古くは、不老長寿の薬や果実を世界中に求めた、クレオパトラや楊貴妃の時代から、人にとって、不老不死、不老長寿、まあ今でいうアンチエイジングは、究極の目標なのかもしれません。

さて、それでは、ミナクヨガの目指している”アンチエイジングヨガ”とは・・・

年齢を重ねていくことによる、しわ・シミ・・・それは、その人の人生の歩みを刻んだ勲章のようなもの、美しいものだと考えています。

年を重ねて、膝が痛い、腰が重い、腕が上がりにくくなってきた・・・

それだって、一生懸命、毎日を生きてきた結果の姿です。

90歳の方を30歳のように若返らせます!!!そんなことを目指しているわけではありません。

それでは、何を目指していくのか???

”その人の本来の姿、本来の寿命、心身ともに最適な状態に持ってゆく”

お手伝いをするヨガ。これが、ミナクヨガの目指すアンチエイジングヨガだと考えています。

膝が痛いのであれば、筋肉や関節の柔軟性を高め、膝の動く範囲を広げていけるように、曲げ、伸ばしがしやすくなるように。
そして、筋肉が伸びて血行が良くなるようなお手伝い。

腰が痛い、腰が重いのであれば、骨盤矯正のポーズや、大臀筋・大腰筋を鍛えることに意識を向けていく。

そして、アンチエイジングに最大の効果があるのが、大腿四頭筋と股関節内転筋・・・いわゆる太もも。

体の中で一番筋肉の多い部分を鍛えることで、糖の消費量も効果的に増やすことができるし、ここを鍛えていくことで、必然的に大臀筋、大腰筋を鍛えていくことにもつながります。

そして何よりものアンチエイジング効果というのは、体を鍛えることはもちろんですが、毎日、笑顔でいること!

ヨガで身体が楽になれば、それだけで笑顔。

気持ちが良い!楽しい!そこに笑顔が生まれる!

笑顔の人は、それだけで十分、アンチエイジング!です。

そんなヨガ、これがミナクヨガが目指すヨガです!!

海

ミナクのブログ-連絡先