正月明けのお腹に効くポーズ

  • 2020年1月17日
  • 2020年1月16日
  • yoga
  • 41View
  • 0件

こんにちは! 沼津市、三島市、裾野市、静岡県東部でヨガ教室を主宰しております、ミナクヨガのミナクです。

早いもので一月も半ば。

気になるのは・・・お腹!という方、多いのではないでしょうか?

年末年始に酷使した胃腸が、ぽっこり顔を出してくるこの時期に寝ながらできるお腹に効くポーズ。ぜひ、お試しください!

これ。私の大好きなポーズ。

ブロックがあれば、ブロック。無ければ、座布団を二つ折りにした上にお尻を乗せて仰向けに寝ます。両膝を立てたところからスタートです。

右の膝を両手で抱いて、左足は床に伸ばしていきます。後は、力を抜いて、抜いて~~~脱力~~~お尻と太ももの裏が伸び伸び~~~これを左右行います。

そして、最後に両足を伸ばし、両手も気持ちよく万歳~~~胃腸を引き伸ばして消化を助けるポーズです。頑張らずに力を抜いて気持ちよいところでキープします。

寝ながらできるツイスト二種。まずは、膝を曲げた状態で左右に倒していきます。両手を肩の高さに広げて、目線は倒した両足を逆方向に。両肩が浮かないように意識を向けていきましょう。負荷を高めたい方は、両足を伸ばした状態でワニのポーズ。

お腹のマッサージを重視したい方は、膝を曲げたツイストで、両膝をそろえ、両膝を床スレスレでキープして左右行います。お腹に効いてきましたね!

それでは、最後に真打登場です!

仰向けに寝た状態での戦士のポーズIII。

両足を床と直角に上げた状態から片足を床スレスレに下していくパターンと床から上げていくパターン。両手は、肩の高さで横に広げていっても、万歳した状態でもOKです。

足の上げ下げの時に背中が浮いてしまう方は、両手を手のひらを下の状態でウエストの下に入れて、背中の浮きを防ぐのも一つの方法です。

最後に両足を床スレスレでキープ!肩の力を抜いて、お腹を使っていることを意識していきましょう!

しっかりとお腹を使う、お腹に効くポーズで、お正月太りを撃退!

体幹が強くなれば、薄着の季節が待ち遠しくなります!

待ってろ~夏!!!(笑)