瞑想的なヨガ。陰ヨガのすすめ。

  • 2015年11月10日
  • 2019年9月24日
  • yoga
  • 107View
  • 0件

こんにちは!
沼津市、三島市、裾野市、静岡県東部でヨガ教室を主宰しております、ミナクヨガです。

陰ヨガのレッスンを初めて行う方に必ずお伝えすることがあります。

「3分後、5分後の自分を想像してポーズに入ってください。」

そしてもう一つ。

「最初の1分間。とても長く長く感じられます。そして、いろいろなことが頭に浮かんできます。頭の中に何かが浮かんできたら、そのまま考えずに見つめてください。見つめるだけ。また、何かが浮かんで来たら、見つめるだけ。その繰り返し。その繰り返しにより、徐々に徐々に頭が楽~になってきます。」

ひとつのポーズをじっくりとキープする陰ヨガ。

最初の1分間くらいは、痛みと頭に浮かんでくるいろいろなことと戦っている時間になるかもしれません。

しかし、、、その戦いを通り過ぎると(笑)・・・時間の経過とともに、だんだんと自分の痛みを受け入れることができるようになります。

それとともに、頭の中にも何も浮かばなくなってきます。

痛みを感じながら、痛みを通して肉体を意識しながらも、徐々に徐々に精神的にリラックスした状態に入っていく。

そうすると、最後には身体が楽になり、自然に瞑想状態に落ちるように入っていく。

陰ヨガに限らず、すべてのヨガの練習は、瞑想に向かっています。

心と身体のバランスが取れた状態にあれば、瞑想にとても入りやすいのですが、私達凡人にとっては、そこが一番ハードルが高かったりします。

つまり、、、ハードルを下げるために、肉体的な練習(アーサナ)を行う。まずは、身体のバランスを整えて、心のバランスへとつなげていく。

肉体的な探求は、瞑想的な探求を促すためのサポートでしかないのです。

瞑想・・・

私、大の苦手でした。

その場に留まれない。

居心地が悪い。

この時間があったら、あれもできた。これもできた。

その挙句には、早く帰りたい。

そんな人でした、私。

瞑想が退屈で、退屈で、時間の無駄とさえ感じていました。

そんな私みたいなタイプの人間にうってつけだったのが、ズバリ、陰ヨガだったのでした。

肉体的な練習(アーサナ)をとり、しっかりと自分自身の肉体を感じ、意識しながら、肉体を意識するからこそ、精神的に何も考えられない、考えたくない・・・気が付けば、無意識に瞑想状態に入っている自分に気が付く。

その先には、肉体を意識することすら忘れた状態が・・・

本当にポーズから出たくなくなります。

これ、話だけすると、思いっきりMでしょ(笑)・・・の世界なのですが、

体験した人でしかわからない感覚なんでしょうね~

最高に気持ちがいい!

先日のこと。

golf

濃霧の中、ゴルフに出かけました。

それこそ、一寸先は霧。一緒にラウンドしている仲間も見えません。

自分が打った球の行方なん
て、とんでもない(笑)。勘だけが頼り。

さあ、打とうと思った自分の球さえ見えません。

自分に集中するしかありません。

濃霧の中のゴルフも、とっても瞑想的でした(笑)

瞑想。

そして、瞑想的な世界を楽しめる陰ヨガ。是非、お試しください!

陰陽ヨガ@ミナクヨガスタジオは、月曜日と金曜日、19:30~21:00の90分となります。
また、お一人で、気の合ったお仲間とetc…プライベートレッスンのご予約も承っております。
皆様のご予約、お待ちしております!