ひと工夫で姿勢が変わる!

  • 2015年2月3日
  • yoga
  • 53View
  • 0件

こんにちは!

静岡県三島市、沼津市そして裾野市で活動中のミナクヨガのミナクです。

今日は節分音譜

我が家では、、、夕飯の前に小さな声で(笑)、、、豆まき決行予定です!

さてさて、、、今日のお題!”ひと工夫で姿勢が変わる!”

このひと工夫。簡単なのですが、”目からうろこ”と言っても過言ではないほど、私的には直球ストライクのひと工夫!

是非、お試しくださいませ!

まずは、、、タダーサナ、山のポーズから始めましょう!

足を腰幅で立ちましょう。足の人差指と人差指を平行に。まずは、自分のいつもの感覚で立ってみます。

その状態から、足の指先を意識して、しっかりと小指も床に落としていきましょう!

どうですか???自分の身体の変化に気づきましたでしょうか???

立ちポーズの場合。親指と小指の付け根。そしてかかとの2点の四か所に体重をしっかりと乗せて立っていくのですが、、、

足
足を腰幅にして立っていくと、どうしても重心が左の図①の親指の付け部分にかかってきやすくなります。

そこで、小指をしっかりと意識して、小指を床に落とすような意識でしっかりと重心をかけていくと、、、

太ももの内側が引き上げられていくのが、わかりますでしょうか?

太ももの内側が引き上げられると、自然に連動してお尻が上がっていきます。

そう!キュッと上がったお尻を目指すことができるのです!

どうですか???意識を向ける場所を変えて、立つだけです!!

同じく、、、プラサリタパドタナーサナ。開脚前屈をするとき。

まずは、足を横に一本分ひらいて立ちますが、その立つときも!

自然に立つと、親指側に体重が載った状態になり易いのですが、股関節と腸腰筋に負荷がかかり易い立ち方となってしまいます。

そのため、この時も先ほどのタダーサナと同様。両足の外側。つまり小指側に意識を向けて小指が床に落ちるように強く床を押していきます。

そうすると、、、自然に太ももの筋肉を上に引き上げることができ、股関節と腸腰筋への負担を減らすとともに、前屈がしやすくなります。

もちろん!!!こちらもキュッと上がったお尻。そして、引き締まった足。ひいては、、、美しい後姿へと近づけることができます!

どちらも簡単でしょ!

そして、簡単なんだけど、効果が大きいのが魅力的です。

”ひと工夫で姿勢が変わる!”

春はもうすぐそこまで来ています。チューリップ黄

今から始めれば、、、暖かくなるころには、ジーンズのサイズがワンサイズ下がっているかも!!!です。

是非、お試しください!

 $ミナクのブログ-連絡先


ダウンランキング参加しています。ぽちっとして下さると、とっても嬉しいです~ラブラブ

 
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ
—–